20代から50代までの世代別イデコ活用法

20代と30代の場合

自分年金をつくるイデコの活用法は世代で異なります。それは、年齢によってリスク許容度が変わるからです。まず、20代ではイデコに対して少額の掛金でも、30年以上の長期運用で資産を大きく育てることが可能です。運用で損をしても、取り戻す時間は十分にあります。投資信託のなかでも、外国資産や株式の比率を多めにした積極的な運用で、高いリターンを目指してみてはいかがでしょうか。30代は仕事もプライベートも忙しくなる時期ですが、イデコの長期運用ができるというメリットを活かして、少額からでも自分年金づくりを始めるのがよいでしょう。運用の手間がかからないバランス型の投資信託がおすすめです。株式比率は高めでもOKです。

40代と50代の場合

40代は支出が多い時期ですが、自分年金づくりも本格的に始めたいところです。イデコの運用期間は10年以上ありますから、しっかり積み立てていくことをおすすめします。家計バランスに応じて、途中で掛金の変更も可能です。株式の比率は多くても30%程度に抑えておきましょう。50代になると、イデコの運用期間が短いので、値下がりに耐えるのが難しくなります。元本確保型商品の比率を高くして、減らさない運用を心がけましょう。収入が増えるぶん、税率も高くなるので、イデコの上限ギリギリの掛金で最大限の節税効果を狙うのもよいでしょう。このようなリスク許容度を考慮に入れて、年齢に応じてイデコの活用法を変えていくことが重要なのです。

イデコとは公的年金とは異なり、自分で作る年金制度です。加入者は毎月一定の金額を積み立てることで、60歳以降に個人年金として受け取ることができ、掛け金は、所得控除の対象で、節税面でも有用です。