働きながら大学院に行く!通信制大学院の魅力とは何か?

大学だけではなく大学院も通信制がある

働きながら大学へ行くには、夜間部を設置している大学に通うか、または通信制の大学に入るという方法がありました。しかし、今は大学院も通信制が制度化され、社会に出ている人でも大学院へ行くという道が開けています。この通信制大学院は、様々な理由で大学院へ進学できない人のために、文部省が平成10年に制度化したものです。その授業内容は、印刷教材などによる授業を始め、放送授業、面接授業、そしてメディアを利用して行う授業があります。

学費の問題もクリアできる通信制大学院の魅力

通信制大学院の魅力は何も在宅での学習が可能になるというだけではありません。たとえば、授業料もかなり安く抑えられているところが多いのもメリットとして挙げることができます。大学院ともなれば、その研究分野によっては学費に大きな違いはありますが、通信制大学院の場合ですと、働きながら行けるということもあり、金銭的な問題はそれほど大きくはないと言えるでしょう。学費に悩むことなく修士の学位を取得できることは大きな魅了です。

隙間時間を有効に使って好きな研究をすること

このような通信制大学院は全国にありますが、選ぶ基準は人それぞれで異なるでしょう。たとえば、興味のある研究で選ぶ人もいますし、教員の質の高いところに入学をする人もいます。選び方は自由ですが、その大学院のカリキュラム内容や講義の進め方などを十分に把握して、自分に適切なところを選ぶことが大事です。一日のうちで隙間時間というものは必ずと言っていいほどあります。通信制大学院は、この時間を有効に使って興味のある研究をすることができるわけです。

通信制大学院は、1998年に当時の文部省により制度化された比較的新しい大学通信教育です。場所や時間に縛られないため、社会人でも高度な専門知識を学ぶことができ、技術者や研究者の育成に役立っています。